FINAL ECLIPSE -Covenant of the Plume-

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドッグイヤー・レコーズ:ブログ記事更新(2010/01/21)

【ブログ記事更新】
[DERBLOG]
植松伸夫ファンクラブ「犬耳家の親族」第2期会員募集開始!
スポンサーサイト

| ドッグイヤー・レコーズ | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドッグイヤー・レコーズ:ブログ記事更新(2010/01/20)

【ブログ記事更新】
[DERBLOG]
植松伸夫ファンクラブ 「犬耳家の親族」 継続は今日までです^^

| ドッグイヤー・レコーズ | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドッグイヤー・レコーズ:ブログ記事更新(2010/01/19)

【ブログ記事更新】
[DERBLOG]
植松伸夫ファンクラブ「犬耳家の親族」 継続はお済みですか?
親族会議vol.4 に 伊藤賢治さん率いる「Piece of Wonder」が出演します!

| ドッグイヤー・レコーズ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドッグイヤー・レコーズ:ブログ記事更新(2010/01/15)

【ブログ記事更新】
[DERBLOG]
ひとりおひるごはん

| ドッグイヤー・レコーズ | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドッグイヤー・レコーズ:関連記事一覧(2010/01/12)

【関連記事】
[ファミ通.com]
植松伸夫氏の生誕50周年アルバムが登場

| ドッグイヤー・レコーズ | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドッグイヤー・レコーズ:ブログ記事更新(2010/01/11)

【ブログ記事更新】
[DERBLOG]
「誰におねだり?」 iTunes 、超!アニメロ にて配信開始!
アルバム 「植松伸夫の10ショート・ストーリーズ」 2010年3月10日 発売決定!

| ドッグイヤー・レコーズ | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グイン・サーガ オリジナル・サウンドトラック:発売記念 植松伸夫トーク&サイン会開催(2009/06/28)

グイン・サーガ オリジナル・サウンドトラック『グイン・サーガ オリジナル・サウンドトラック』の発売を記念して、植松伸夫氏によるトーク&サイン会が本日開催されました。以下にその詳細をお届けします。

グイン・サーガ オリジナル サウンドトラック / GUIN SAGA - グイン・サーガ
発売日:2009年06月24日(水)
価格:3,675円(税込)
型番:SVWC-9191
仕様:CD2枚組(全42曲/約110分収録) / オールカラーブックレット付

【『グイン・サーガ オリジナル・サウンドトラック』発売記念 植松伸夫トーク&サイン会】
日時:2009年06月28日(日)15時00分~
場所:HMV新宿タカシマヤタイムズスクエア(新宿高島屋12F)
対象商品:2009年06月24日(水)発売『グイン・サーガ オリジナル・サウンドトラック』(SVWC-9191)

私は前日に電話で対象商品の取り置きを希望したので、当日会場で『グイン・サーガ オリジナル・サウンドトラック』を購入しました。会場には50人ほどの人数が集まっていました。
今回は、植松伸夫氏と『グイン・サーガ』プロデューサーの後藤秀樹氏によるトークが繰り広げられました。

・最近は『ファイナルファンタジー』のコンサートツアーの関係で、月の半分は海外に滞在しており、東京にはあまりいない。植松伸夫氏はアメリカを訪れると、着いたその日に腹を壊してしまう。肉好きなのだが、どうも油が合わないとのこと。台湾やシンガポールなど、アジアの食事ならば自分に合っている。シンガポールの大衆食堂でチキンライスとヌードルを食べたときは平気だった。

・当初、後藤秀樹氏が『グイン・サーガ』という大作の音楽を誰に依頼しようか考えていたとき、植松伸夫氏に頼もうという発想はなかった。ある日、アニプレックスの佐野総一郎氏のデスクで流れていた『ロストオデッセイ』の曲を聞き、これは誰が作曲したのかと訊ねたところ、植松伸夫氏と判明。佐野総一郎氏の提案で電話を掛けてみようということになり、そこから全てが始まった。当時の植松伸夫氏は山中湖の別荘にいるとのことだったので、新宿から夜行バスに乗って山中湖を訪れた。

・『グイン・サーガ』という大作の音楽を依頼されて嬉しいと思う反面、狙いを外してしまったら怖いという不安もあった。アニメの作曲の仕方について悩んでいた時期があり、音響監督の明田川進氏に相談したところ、自分のやりたいようにやればいいと言われて、気持ちが楽になった。おかげで、その後の仕事の能率も上がった。

・発注時にはグインの挫折というテーマで作った曲があったが、それが「光臨」としてグインの登場シーンで使用されていた。音響監督は客観的に曲を割り振っていると思う。

そして、アニメの映像とともに、第1話「豹頭の仮面」より「光臨」、第2話「黒伯爵の砦」より「グインのテーマ」、第12話「新たなる運命」より「ナリスのテーマ アルド・ナリス」、「組曲 モンゴール 第三楽章 モンゴールの薔薇」、「レムスのテーマ 孤独の影」が紹介されました。なお、リンダとレムスが双子ということから、各自のテーマを同時に流しても調和するような曲も作っていたそうですが、残念ながらあまり良い曲にはならなかったとのことです。

トークの最後では、『グイン・サーガ オリジナル・サウンドトラック』のピアノ譜、エンディングテーマ「Saga~This is my road」を担当しているカノン氏との企画、『ファイナルファンタジーXIV』の音楽担当、植松伸夫氏のソロアルバム『10 Stories』よりiTunes Storeにて先行配信されている「コンガボーイがやってきた」のことについて触れていました。

グイン・サーガ オリジナル・サウンドトラックトーク終了後はサイン会が始まり、サイン会参加券と引き換えて列に並びました。私はブックレットのロングインタビューページにサインしていただきました。

| ドッグイヤー・レコーズ | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬耳家 親族会議vol.2:本日開催(2009/04/26)

本日、『犬耳家 親族会議vol.2』が開催されました。以下にその詳細をお届けします。
犬耳家 親族会議vol.2 / DOG EAR RECORDS
公演名:犬耳家 親族会議vol.2
公演日時:2009年04月26日(日)
開場予定:16時00分~ / 開始予定:17時00分~
会場:Shibuya DUO -Music Exchange-
http://www.duomusicexchange.com/
料金:3,500円(ドリンク別途500円)
出演:植松伸夫、岡宮道生、福井健一郎、CELLYTHM、清田愛未、米澤粋夏、他

≫ Read More

| ドッグイヤー・レコーズ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

植松伸夫オフィシャルファンクラブ「犬耳家の親族」:本日プレオープン(2009/01/08)

2009年01月08日(木)12時00分より、植松伸夫オフィシャルファンクラブ「犬耳家の親族」がプレオープンしました。

植松伸夫オフィシャルファンクラブ「犬耳家の親族」 / DOG EAR RECORDS

2009年01月21日(水)のグランドオープン(会員受付開始)に先駆け、仮会員情報ページへの登録が開始されました。このプレオープン時期に仮会員登録を行っておけば、グランドオープンと同時に会員受付が可能となります。会員特典は以下の6点です。

≪会員特典≫
■会員証の発行
■入会特典グッズのプレゼント
■DVD会報年3回発行予定(不定期)
■会員限定サイトの閲覧
■公演チケットの優先受付
■オフィシャルグッズの販売

なお、プレオープン特典として、入会手続きを行って2009年01月20日(火)消印有効で入金された方を対象に、犬耳家当主である植松伸夫氏のオリジナル名刺がプレゼントされます。
また、『DERBLOG』も更新されました。

植松伸夫オフィシャルファンクラブ「犬耳家の親族」本日8日 12時プレオープン / DERBLOG

| ドッグイヤー・レコーズ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬耳家 親族会議vol.1:イベントレポート掲載(2008/11/24)

本日開催された『犬耳家 親族会議vol.1』に出席してきました。イベント開催概要は以下のとおりです。

犬耳家 親族会議vol.1 / DOG EAR RECORDS
【公演名】犬耳家 親族会議vol.1
【公演日時】2008年11月24日(月)
【開場予定】17時00分~ / 【開始予定】18時00分~ / 【終了予定】21時00分~
【会場】代官山「晴れたら空に豆まいて」
【出演】hejmsopiro(尾形廣、富田亮輔、檜山太一、トシバウロン)、CELLYTHM(穴田貴也、太田陽子、安藤和美、島津由美)、江草啓太
【司会】植松伸夫、松下謙介
【チケット】前売券:3,500円(別途ドリンク代:500円)

まずは、司会の植松伸夫氏、松下謙介氏が登場。「犬耳家 親族会議」の「親族」とは誰を指すのかについてですが、彼らの説明によると、「本家」がドッグイヤー・レコーズ、「一族」が出演アーティスト、「親族」がファンに該当するとのこと。恒例のどこから来たアンケートや、『THE BLACK MAGES III Darkness and Starlight LIVE』参加者アンケートを出席者に聞いていました。
最初はhejmsopirodeが出演されました。「hejmsopirode(ヘイムソピーロ)」にはエスペラント語で「郷愁」という意味があり、ノスタルジックなアイリッシュ音楽をモチーフとした曲調が印象的でした。メンバーの中には、『FINAL FANTASY IV -CELTIC MOON-』の影響を受けている方もいらっしゃいました。今回の曲目では、『FINAL FANTASY V』より「街のテーマ」、『FINAL FANTASY XI』より「Ronfaure」も演奏され、「Ronfaure」の演奏時にはゲストとして、植松伸夫もといノビバウロンが飛び入り参加していました。バウロンを用いて楽しそうに演奏していましたよw
次にCELLYTHMが出演されました。『THE BLACK MAGES III Darkness and Starlight LIVE』にも登場したチェロ四重奏グループの彼らですが、今回はファンの方々から親しみをもって呼んでもらえるように、各自ニックネームで自己紹介を行っていました。穴田貴也氏は「ダーアナ」、太田陽子氏は「ようこりん」、安藤和美氏は「メガネっ娘」、島津由美氏は「しまぁ~ず大竹」といった感じです。演奏曲として、『FINAL FANTASY VI』より「Battle Theme」、『FINAL FANTASY V』より「Clash on the Big Bridge」、『FINAL FANTASY VII』より「Those Who Fight Further」を披露。その他、レッド・ツェッペリンやザ・ビートルズの曲も演奏されていました。
最後に江草啓太氏が出演されました。演奏曲としては、『KALAYCILAR』より「KALAYCILAR」「SIMOON」「AISHA」、オリジナル曲で「東京都に狸が現れた」、『FINAL FANTASY XI』より「Distant Worlds」を披露。植松伸夫氏も話していましたが、ジャズのようであってそうではない何とも形容しがたい音楽性は、江草啓太氏個人というジャンルを確立しているようでもありました。江草啓太氏自身も、そういった固定観念に囚われない音楽が好きだそうです。そして、彼の鍵盤の指捌きにも思わず見入ってしまうほどの演奏でした。聴覚的に聞こえてくる音だけではなく、視覚的にも聴衆の目を奪う演奏者の表現全体も包括して、音楽というものを楽しめるものなのですね。
その後、今回の出演者全員が一堂に会し、各自一言ずつ感想を述べていました。そして、出演者全員との握手会、江草啓太氏のCD購入者限定サイン会という流れで、『犬耳家 親族会議vol.1』は終了しました。握手会の最後には、出演者全員のサイン入りポストカードも配布されていました。私も会場で『KALAYCILAR』を購入したので、江草啓太氏からサインを頂いてきましたよ!
イベントレポートの末筆として、今回の会議中に告知された情報を掲載しておきます。

・『LORD of VERMILION Original Soundtrack』が2009年01月01日(木)に発売決定。
・2008年08月09日(土)に開催された『THE BLACK MAGES III Darkness and Starlight LIVE』のDVDが来春発売予定。今年度中には発売される。
・CELLYTHMのミニアルバムが来春発売予定。5~6曲を収録。
・WOWOWにて2008年12月05日(金)00時00分より放映される藤子・F・不二雄原作『ボクラ共和国』にて、植松伸夫氏が音楽を担当。なお、2008年12月06日(土)09時30分より再放送。
・来春放映開始予定のアニメ『GUIN SAGA』にて、植松伸夫氏が音楽を担当。
・植松伸夫オフィシャルファンクラブが2009年01月より開始予定。
・植松伸夫氏のソロ活動が始動。まだ2曲しか収録していないが、10~12曲ほど完成したら演奏を行いたいとのこと。

それでは、今回の出演者ならびに出席者の皆様、大変お疲れ様でした!年2回は親族会議を開催したいと植松伸夫氏は話していましたが、次回開催の親族会議にも期待しておきたいと思います。

| ドッグイヤー・レコーズ | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。